So-net無料ブログ作成
前の7件 | -

垣根の花木・・藪椿(ヤブツバキ) [日記、雑感]

古くから庭木として親しまれている、日本を代表する花木の一つです。

藪椿は一般的に椿と呼ばれ、園芸品種の基本種となっています。

2017-01-10ツバキ(1).png

ツバキ科、野生種としては本州・四国・九州に分布、樹高は3~8メートル、

2017-01-10ツバキ(2).png

開花期は1~3月、花色は赤色で花径5~8センチ程の筒状の5弁花を咲かせます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花月(カゲツ)・・金のなる木 [日記、雑感]

名前の由来は葉が丸く分厚い形で、お金のように見えることから。

園芸名に花月などの呼び名がありますが、金のなる木で広く知られています。

)2017-01-16金のなる木(1.png

ベンケイソウ科、原産地は南アフリカ、草丈は30~200センチ、

)2017-01-16金のなる木(2.png

開花期は12~3月、花は小さな星形で茎の頂点に集まって咲きます。

花色は花ビラの先がピンク色で、白花や淡いピンク色です。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

優美な花・・寒木瓜(カンボケ) [日記、雑感]

春に咲くボケの花が、11~12月頃に咲き始めることから名付けられました。


花が少ない寒い季節に、目を楽しませてくれる花のひとつです。



)2018-01-16カンボケ(1.png



バラ科、平安時代に中国から渡来、樹高は1~2メートル、



2018-01-16カンボケ(2).png



開花期は11~2月、花色は赤・ピンク・白色などがあり、ウメに似た花を咲かせます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山野に咲く・・福寿草(フクジュソウ) [日記、雑感]

名前は幸福と長寿を意味し、新春を祝う花として名付けられました。

正月飾りに飾られたり、春の訪れを感じさせる可憐な花です。

フクジュソウ(1).png

キンポウゲ科、山野の落葉樹の下などに自生、草丈は10~30センチ、

フクジュソウ(2).png

開花期は1~4月、花茎の先端にお椀型の丸い花が真上に向いて咲きます。

花色は明るい黄色が基本です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

石垣に咲く・・黄梅(オウバイ) [日記、雑感]

名前は黄色い花が梅に似ていて、咲く時期が同じことから。

中国名「迎春花」英名「ウインター・ジャスミン」は、早春から開花することに因みます。

2016-03-10石垣の黄梅(3).png

モクセイ科、原産地は中国、草丈は1~2メートル(つる性)

2018-01-19オウバイ(2).png

開花期は1~3月、つるのように枝垂れて、花径3センチ程の黄色い花を咲かせます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬野に咲く花・・ユリオプスデージー [日記、雑感]

ユリオプスはギリシャ語で「大きな目を持つ」という意味で、花の姿に由来します。

晩秋から春まで黄色い花を長期間咲かせ、葉や茎に細毛が生えています。

ユリオプステージ(1).png

キク科、原産地は南アフリカ、草丈は60~100センチ、

ユリオプステージ(2).png

開花期は11~5月、花径は3~4センチ程で一重の黄色い花を咲かせます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・冬桜(フユザクラ) [日記、雑感]

冬桜は山桜(ヤマザクラ)と豆桜(マメザクラ)が、交配して生まれた雑種を指します。


最近は名前の通り、冬(10~1月頃)に咲く桜の総称として使用されています。



2018-01-16フユザクラ(1).png



バラ科サクラ属、原産地は日本、山桜の交配雑種、



)2018-01-16フユザクラ(2.png



開花期は10~1月、花は中輪で、白から淡いピンク色の小さな花ビラを咲かせます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の7件 | -