So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

里山に咲く・・雪国三つ葉躑躅(ユキグニミツバツツジ) [日記、雑感]

雪国三つ葉躑躅は、日本海側の多雪地帯に生育する三つ葉躑躅の1種です。


三つ葉躑躅は、葉が枝先に3枚輪生します。



2016-04-24雪国ミツバツツジ(1).png



ツツジ科、本州の日本海側の多雪地帯に分布、樹高は2~3メートル、



2016-04-24雪国ミツバツツジ(2).png



開花期は4~5月、春に可愛らしいピンク色の花を咲かせます。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スターチス・・花浜匙(ハナハマサジ) [日記、雑感]

スターチスはギリシャ語statizo(止める)が語源で、下痢止めの薬草として使用されていたことから。


和名の花浜匙は海辺の地域に分布し、花の形が匙に似ていることから。



2017-04-20スターチス(1).png



イソマツ科、世界各地に分布(日本には昭和初期に渡来)、草丈は40~80センチ、



2017-04-20スターチス(2).png



開花期は4~6月、花ビラは白や黄色で、萼は漏斗状で青紫・黄・ピンク・白色などがあります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・鶯神楽(ウグイスカグラ) [日記、雑感]

鶯神楽は、鶯が繁みの陰で岩戸神楽を舞っていると見立てたことから。


属名のLoniceraはドイツの採集家ロニツァーに因み、家畜の下痢止めに効果があることから。



)2017-04-08ウグイスカグラ(1.png



スイカズラ科、九州北海道の山野に分布、樹高は1・5~3メートル、



2017-04-08ウグイスカグラ(2).png



開花期は3~6月、花冠の先は星形に5つに裂け、筒状の淡い紅色の花を下向きに付けます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ガウラ・・白蝶草(ハクチョウソウ) [日記、雑感]

ガウラはギリシャ語gauros(立派な・華麗な)が語源で、その花の姿を表しています。


別名の白蝶草は、風に揺れ白い蝶が飛んでいるように見えることから。



)2017-04-07ガウラ(1.png



アカバナ科、明治時代中期に北アメリカから渡来、草丈は80~100センチ、



)2017-04-07ガウラ(2.png



開花期は4~10月、茎先に総状花序を出し、白い4弁花を付けます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

香草・・羽衣素馨(ハゴロモジャスミン) [日記、雑感]

羽衣素馨は花から芳香が漂い、羽衣をまとったような美しい姿から。


香りの王と呼ばれるジャスミンの仲間で、天女を連想させる甘い香りが特徴です。



)2017-04-03ハゴロモジャスミン(1.png



モクセイ科、原産地は中国、草丈は1~3メートル(つる性)



2017-04-03ハゴロモジャスミン(2).png



開花期は4~5月、花の内側は白色、外側は薄いピンク紅色です。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チューリップ・・玉鬘(タマカヅラ) [日記、雑感]

学名のTulipaはペルシャ古語tulipan(頭巾)が語源で、花が頭巾に似ていることから。


子供が最初に描く花、最初に覚える歌として親しまれています。



2017-04-23タマカズラ(1).png



ユリ科、原産地はトルコ~中央アジア、園芸品種、草丈は40~80センチ、



)2017-04-23タマカズラ(2.png



開花期は3~5月、花色は豊富で花弁は先端が丸いもの・尖ったもの・フリル状のものもあります。


咲き方は一重咲きや八重咲きもあります。富山県・新潟県の県花です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・花蘇芳(ハナズオウ) [日記、雑感]

花蘇芳は、花色が蘇芳(スオウ)の材を煮出した液に似ていることから。


蘇芳は、奈良時代に渡来した真紅の染料です。



)2017-04-23ハナズオウ(1.png



マメ科、古くに中国から渡来、樹高は3~5メートル、



)2017-04-23ハナズオウ(2.png



開花期は4~5月、花色は赤紫色で、葉の付け根に蝶型の花が数輪まとまって咲きます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の7件 | -