So-net無料ブログ作成
前の7件 | -

海岸に咲く・・磯菊(イソギク) [日記、雑感]

名前は磯に咲く菊という意味から、磯菊と呼ばれています。

花が少ない秋から冬にかけて、黄色の明るい色彩の花を咲かせます。

)2016-11-21イソギク(1.png

キク科、千葉から静岡の海岸線・伊豆諸島に分布、草丈は20~40センチ、

)2016-11-21イソギク(2.png

開花期は10~12月、茎の先端に黄色くて丸い頭花が集まって付きます。

目立つ舌状花は無く筒状花のみですが、鮮やかな黄色なので目立ちます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬空に咲く・・八重咲き皇帝ダリア [日記、雑感]

八重咲き皇帝ダリアは一重咲きに比べ、ひと月程開花期が遅く


花芽が付いても気温が低下したり、霜が降りて咲ききりません。



)2016-12-02皇帝ダリア(2.png



キク科、原産地はメキシコ~中米、樹高は2~3メートル、



2017-12-14八重咲き皇帝ダリア.png



開花期は12月中旬頃、花色はピンク色で八重咲きの豪華な花姿です。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

海岸に咲く・・達磨菊(ダルマギク) [日記、雑感]

名前は海岸の岩の上に咲く姿が、ずんぐりしていて達磨に似ていることから。

寒さに強く丈夫な宿根草なので、庭植え・鉢植えでも良く咲きます。

)2016-11-21ダルマギク(1.png

キク科シオン属、本州・九州の日本海側に自生、草丈は20~30センチ、

2016-11-21ダルマギク(2).png

主な開花期は9~11月、花径4センチ程で淡い紫色の花が咲きます。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

可愛らしい花・・イチゴノキ [日記、雑感]

名前は赤く熟した果実の表面はいぼいぼで、様子がイチゴを連想させることから。


果実はジャムや果実酒に利用され、皮はタンニンの原料となります。



)2017-12-10イチゴノキ(1.png



ツツジ科、原産地は南ヨーロッパ・アイルランド、樹高は2~3メートル、



2017-12-10イチゴノキ(2).png



開花期は11~12月、花茎葉下向きに垂れ下がり、先端に壺を逆さにしたような


小さな白い花がたくさん付きます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

岩間に咲く・・ヒマラヤ雪ノ下 [日記、雑感]

名前は冬でも常緑の葉を雪の下からのぞかせ、ヒマラヤ地方に生育することから。

極めて耐寒性が強く育てやすいので、日本でも広く普及しています。

2016-04-23ヒマラヤユキノシタ(雑種 1).png

ユキノシタ科、原産地はヒマラヤ山脈、草丈は10~50センチ、

2016-04-23ヒマラヤユキノシタ(雑種 2).png

開花期は12~4月、花茎を長く伸ばして、先端にピンク色の花を咲かせます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初冬に咲く・・茶の木(チャノキ) [日記、雑感]

名前は漢名の茶を音読みしたもので、茶は葉や茎を加工した飲み物です。


晩秋から初冬にかけて、椿に似た白い花を咲かせ実を付けます。



2017-12-05チャ(1).png



ツバキ科、原産地は中国、樹高は1・5~3メートル、



)2017-12-05チャ(2.png



開花期は10~12月、白い5弁花が多数の黄色い雄蕊を抱いて、うつむき加減に咲きます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

可愛い小花・・アリッサム [日記、雑感]

別名のスイートアリッサムは、石鹸みたいな甘い香りがすることから。

寒さに強い頑健な植物で、小さな花を地面を這うように咲かせます。

)2016-12-02アリッサム(1.png

アブラナ科、原産地は地中海北岸から西アジア、草丈は10~20センチ、

)2016-12-02アリッサム(2.png

開花期は10~12月、花色は白・赤・紫・ピンク色などがあり細かい花を密につけます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の7件 | -