So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2016年06月 |2016年07月 ブログトップ
前の20件 | -

野原に咲く・・桔梗(キキョウ) [日記、雑感]

名前は漢名の桔梗(キチコウ)を、音読みでキキョウと読んだのが由来。

日本では秋の風物詩や身近な野草として、万葉の昔から親しまれています。

2016-06-24キキョウ(1).png

キキョウ科、原産地は日本・中国など、草丈は15~150センチ、

2016-06-24キキョウ(2).png

開花期は6~9月、花は青紫色の一重咲で、花形は先端が大きく

5つつに開いたお椀型で、横から斜め上向きに咲きます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

陽気な花・・ガーベラ [日記、雑感]

名前はドイツの科学者ゲルバーに由来します。

花の姿はキクに近く、鉢植え・切り花などに利用されています。

2016-06-24ガーベラ(1).png

キク科、原産地は南アフリカ、草丈は15~60センチ、原種のヤメソニーです。

2016-06-24ガーベラ(2).png

開花期は3~5月、9~11月、花の形はキクに似ています。

花色は赤・白・オレンジピンク・黄色など、2色咲のものもあります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野原に咲く・・夕菅(ユウスゲ) [日記、雑感]

名前は夕方に開花し翌日昼には閉じることから。

別名を黄菅(キスゲ)と呼び、レモンイエローの花の色からつけられた。

2016-06-24キスゲ(1).png

ユリ科、山地の草原に生育、草丈は100~150センチ、葉は菅に似ている。

2016-06-24キスゲ(2).jpg

開花期は6~7月、花の色は黄色で、長さ10センチ程の花ビラは先が軽く反り返ります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

薬用植物・・当帰(トウキ) [日記、雑感]

当帰は、病人に与えると回復して健康に帰る「当に帰る」の意味です。

婦人産後の重要な薬草で、各地で栽培されています。

2016-06-10トウキ(1).png

セリ科、山地の岩場に自生、樹高は50~80センチ

12月頃に、堀り取った根を数株づつ束ねて、天日で乾燥します。

2016-06-10トウキ(2).png

開花期は6~8月、花茎を出して多数の小白花をから傘状につけます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

草地に拡がる・・照葉野茨(テリハノイバラ) [日記、雑感]

野バラと呼ばれる、日本の代表的なバラの原種の1つです。

名前は葉が両面とも無毛で、表面に光沢があることから。

2016-06-10テリハノイバラ(1).png

バラ科、落葉つる性低木、地面を這うように拡がります。

2016-06-10テリハノイバラ(2).png

開花期は5~6月、1つづつどっしりとした白色の花を咲かせます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初夏の花・・向日葵(ヒマワリ) [日記、雑感]

名前は、花が太陽の動きにつれてまわることから日まわりと。

実際には、花首の柔らかい蕾のときに太陽の方向を向いて、夜には向きを戻しています。

2016-06-22ヒマワリ(1).png

キク科、原産地は北アメリカ、草丈は30~300センチ

2016-06-22ヒマワリ(2).png

開花期は7~9月、花ビラの部分は舌状花と呼ばれ、

黒っぽい中心部は筒状花で、咲いた後にタネができます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雨に映える・・金糸梅(キンシバイ) [日記、雑感]

梅雨時に咲き、鮮やかな黄色い花が雨に映えます。

名前は黄色いおしべを金糸に、5弁の花を梅にたとえたことから。

2016-06-10キンシバイ(1).png

オトギリソウ科、中国原産の半常緑低木、草丈は100センチ

2016-06-10キンシバイ(3).png

開花期は6~7月、花の色は黄色でやや下向きに咲きます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

八重の蓮・・友誼牡丹(ユウギボタン) [日記、雑感]

花蓮は、開いたり閉じたりを繰り返すごとに、花色が変化します。

早朝から咲き始め、夕方には閉じ4日で散ります。

2016-06-24ユウギボタン(1).png

ハス科、園芸品種、草丈は50~100センチ

2016-06-24ユウギボタン(2).png

開花期は6~8月、花は白色で八重咲きです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

藍染めの花・・台湾駒繋ぎ(タイワンコマツナギ) [日記、雑感]

東南アジア原産又は熱帯アフリカ原産の小低木です。

別名を南蛮藍といい、藍染め原料となります。

2016-06-10タイワンコマツナギ(1).png

マメ科、樹高は100~200センチ、日本では沖縄に帰化しています。

日本に自生する駒繋ぎよりも大形です。

2016-06-10タイワンコマツナギ(2).png

開花期は6~8月、花は総状花序を出し

淡い紅紫色をした、蝶形の花をたくさんつけます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ねぎ坊主の花・・アリウムギガンテウム [日記、雑感]

アリウムは身近な植物群で、タマネギやニンニク・ラッキョ・ネギなどがあります。

園芸ではアリウムといえば、花が美しく花壇や切り花にして鑑賞する種の総称です。

2016-05-27アリウム・ギガンテウム(1).png

ネギ科、中央アジアに分布する大球性で球根は径8センチ程です。

草丈は20~120センチ、花茎を1m程に伸ばして先端に花を付けます。

2016-05-27アリウム・ギガンテウム(2).png

開花期は6~7月、花はたくさんの小花を密に付け球状になり

直径は10センチを超します。花色は紅紫~桃紫色があります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梅雨の花・・ホリホック [日記、雑感]

ホリホックは、まっすぐに伸びる草姿から立葵の和名があります。

梅雨入り頃、花穂の下から咲き始めて、順々に咲き上がり

花が終わる頃に梅雨が明けるといわれています。

2016-06-08タチアオイ(5).png

アオイ科、原産地は地中海沿岸からアジア地域、草丈は60~200センチ

2016-06-08タチアオイ(6).png

開花期は6~8月、花色は白・赤・ピンクオレンジ・黒・紫などがあります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生薬の花・・甘茶(アマチャ) [日記、雑感]

甘茶は甘茶の葉を蒸してみ、乾燥したものを煎じた飲料です。

黄褐色で甘みが強く、食品の甘味料にも利用されています。

2016-06-10アマチャ(1).png

日本特産のユキノシタ科の落葉低木、樹高は70~100センチ

ヤマアジサイの変種で、葉を乾燥・発酵させると甘茶ができます。

2016-06-10アマチャ(2).png

花は外形的には、ヤマアジサイによく似ていてやや小振りです。

4月8日の灌仏会には、お釈迦様に甘茶をかける儀式が行われます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

立派な花・・君が代蘭(キミガヨラン) [日記、雑感]

リュウゼツラン科、和名は花が数多く咲き続け、いつまでも栄えることから。

遠目にも豪華絢爛に咲き誇る姿は、人目を惹いています。

2016-06-20キミガヨラン(1).png

原産地は北アメリカ、樹高は150~200センチ

根際から生える葉は剣型で分厚く、先が鋭く尖っています。

2016-06-20キミガヨラン(2).png

開花期は5~10月、茎先に円錐花序を出し、花径5~6センチの

淡いクリーム色をした、鐘形の花をたくさん付けます。

別名ユッカランとも呼ばれています。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

清流に咲く・・岩煙草(イワタバコ) [日記、雑感]

イワタバコ科、名前は葉がタバコに似ていることから。

日当たりの悪い岩場や崖に生える多年草、葉は山菜として利用されています。

2016-05-21イワタバコ(1).png

原産地は日本、草丈は5~20センチ、

長さ5~20センチの葉を数枚垂らし、葉は柔らかくてみずみずしいです。

2016-05-21イワタバコ(3).png

開花期は6~9月、花茎を伸ばし、星形で花径2センチ程の花をたくさん咲かせます。

花の色は紫・ピンク・白色などがあります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野原に咲く・・穂咲き下野(ホザキシモツケ) [日記、雑感]

バラ科シモツケ属、名前は花が穂状に咲くことから。

やさしいピンク色の花が魅力的で、庭植え・鉢植えなどに利用されています。

2016-06-10ホシザキシモツケ(3).png

原産地は日本、株立ち状で樹高は100~200センチ、

東日本の湿地に自生している落葉低木です。

2016-06-10ホシザキシモツケ(4).png

開花期は5~6月、花は新梢の先に咲きます。

花穂は長さ10~15センチ程で、ピンク色のやさしい花です。 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

親しみのある花・・百合(ユリ) [日記、雑感]

ユリ科、語源は花が揺り動く様の「揺り」、球根は鱗片が寄り合っている「寄り」から。

日本でも固有種はありますが、球根が広く流通して親しまれているのは

スカシユリとも呼ばれる、アジアティック・ハイブリットの園芸品種です。

2016-06-17ユリ(1).png

原産地は北半球、草丈は30~200センチ、

スカシユリの一種で、葉は細長い笹のような形のものが多いです。

2016-06-17ユリ(2).png

開花期は5~8月、花は外側の3枚はガクが色づいたもので、内側の3枚が花ビラです。

花はカップ状で上向きに咲いています。花の色はオレンジ・黄・赤・ピンク・白などがあり

複数の色が入るカラフルなものもあります。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

和風の花・・京鹿子(キョウガノコ) [日記、雑感]

バラ科シモツケソウ属、名前の由来は、京都で染めた鹿の子絞りから。

古くから庭園などで栽培され、茶花にも利用されてきました。

2016-06-01キョウガノコ(1).png

草丈は50~150センチ、葉は明るい緑色で、掌状の形をしています。

自生種ではなく、下野草と越路下野草の交雑種といわれています。

2016-06-01キョウガノコ(2).png

開花期は6~7月、枝先に集散花序を出して、花径4~5ミリの小さな花をたくさん付けます。

花の色はピン色です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

空き地に咲く・・波斯菊(ハルシャギク) [日記、雑感]

キク科コレオプシス属、語源は実の形が南京虫に似ていることから。

名前は波斯菊で波斯(ハルシャ)はペルシャのことですが、

自生地は北アメリカでペルシャとは関係がありません。

2016-06-17ハルシャギク(1).png

原産地は北アメリカ、草丈は60~80センチ、一年草

半ば野生化していて空き地に群生しており、たくさん花が咲いた株が

風に揺られている姿はなかなか風情があります。

2016-06-17ハルシャギク(2).png

開花期は6~7月、花は大変美しく花茎は3~4センチ、黄色に褐色の

大きな蛇の目が特徴です。別名ジャノメソウとも呼ばれています。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

林に咲く・・フィラデルフス・・ベルエトワール [日記、雑感]

アジサイ科、バイカウツギ属、類似の日本花名は梅花空木(バイカウツギ)です。

芳香の強い、ヨーロッパで改良された、西洋梅花空木の一種で広く栽培されています。

2016-06-01フイラデルフス (1).png

原産地はヨーロッパ東南部(日本説もあり)、樹高は150~200センチ、多年草、

日本の自生する梅花空木に似ています。

2016-06-01ベル・エトワール(2).png

開花期は5~6月、花弁数は4枚で、花の形は梅に似ていて

強い芳香があります。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山林に咲く・・山紫陽花(ヤマアジサイ) [日記、雑感]

アジサイ科、名前は半日陰の湿り気のある林や沢沿いに生育していることから。

別名サワアジサイとも呼ばれています。

2016-06-01山アジサイ(1).png

原産地は日本、樹高は100~200センチ、葉は薄くて細長く小型です。

周辺の自然によくなじんでいる樹木です。

2016-06-01山アジサイ(2).png

開花期は6~7月、花は中央から外側に向かって咲き、縁に沿って装飾花をつける

ガク咲きとなります。花の色は白・青・ピンク・赤などがあります。

ガクアジサイよりも花序が小型なので、コガクと呼ばれることもあります。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の20件 | -
-|2016年06月 |2016年07月 ブログトップ