So-net無料ブログ作成

純白の花・・ノースポール [日記、雑感]

学名のクリサンセマムは、ギリシャ語のchrysos(黄金)とanthemon(花)が語源になります。

ノースポールは株全体を覆う程純白の花が咲く姿から、北極のイメージが連想されることから。

)2017-01-12スノーポール(2.png

キク科、原産地は北アフリカ、草丈は20~30センチ、

)2017-01-12ノースポール(1.png

開花期は1~5月、花径3~4センチの白い舌状花を咲かせます。

中心部の管状花は黄色で、ノジギクやマーガレットに似た花姿です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬の鉢花・・カランコエ [日記、雑感]

属名のカランコエは、中国名「加藍菜」の発音に由来すると言われています。

和名の紅弁慶はカランコエのたくましい性質が、弁慶のようにたくましいという例え。

2017-01-20カランコエ(1).png

ベンケイソウ科、原産地はマダガスカル・東アフリカ、草丈は10~50センチ、

2017-01-20カランコエ(2).png

開花期は10~5月、花茎の先端に花径1センチ程の小花をたくさんつけます。

花色は紅・オレンジ・ピンク・黄・白・紫色などがあり、八重咲きもあります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

黄色い変った花・・オンシジューム [日記、雑感]

名前はギリシャ語のonkidion(小さなこぶ)に因み、花の一部に小さな突起があることから。

英語名の踊る女性のランは、大きな唇弁を持つ花姿がドレスを広げて優雅に踊る女性に例えた。

)2017-01-19オンシジューム(1.png

ラン科、原産地は中南米、草丈は10~70センチ、

)2017-01-19オンシジューム(2.png

開花期は12~1月、黄色い蝶の羽がひっついたような花を咲かせます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ティーツリー・・御柳梅(ギョウリュバイ) [日記、雑感]

和名は葉の姿が御柳に似ており、梅のような花を咲かせることから。

英名のティーツリーはオーストラリアの移住者が、葉をお茶の代用品として用いたことから。

)2017-01-18ギョリュウバイ(1.png

フトモモ科、原産地はオーストラリア・ニュージーランド、樹高は30~400センチ、

201701-18ギョリュウバイ(2).png

開花期は11~5月、花色は白・紅色などがあり、一重咲きや八重咲きがあります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

庭に咲く・・素心蝋梅(ソシンロウバイ) [日記、雑感]

蝋梅は花ビラが蝋のような色で、臘月(旧暦12月)に梅に似た花を咲かせることに由来。

素心蝋梅は本来は複数色になる花色が、単色になった品種のことを指します。

2017-1-06ロウバイ(1).png

ロウバイ科、原産地は園芸品種、樹高は2~4メートル、

2017-1-06ロウバイ(2).png

開花期は12~2月、花色は黄一色で、花ビラが丸っこく芳香が強いのが特長です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春を告げる草花・・日本水仙(ニホンズイセン) [日記、雑感]

日本水仙は日本ではスイセンの代名詞とも言える種です。

地中海原産で⇒シルクロード⇒中国経由で渡来し野生化した種です。

2017-1-06スイセン(1).png

ヒガンバナ科、日本各地の海岸線に群生、草丈は20~40センチ、

)2017-1-06スイセン(2.png

開花期は11~4月、花ビラは白色で副花冠は黄色のカップ型で、小輪で房咲きです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬咲きベゴニア・・クリスマス・ベゴニア [日記、雑感]

名前の通り冬に花を咲かせるベゴニアで、クリスマスや正月用の鉢花として用いられます。

株一杯に花を咲かせる姿は、真冬の室内を彩ってくれます。

2017-01-24冬咲きベゴニア(1).png

シュウカイドウ科、原産地は園芸品種、草丈は15~20センチ、

冬咲きベゴニア(2).png

開花期は12~3月、花色は赤・ピンク・白などがあり、花姿は可愛らしいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

美しい筒状の花・・キルタンサス [日記、雑感]

名前はギリシャ語のキルトス(曲がった)とアンサス(花)から、曲がった花という意味です。

夏型と冬型に分けられ、冬型は冬~春に開花します。

2017-01-24キルタンサス(1).png

ヒガンバナ科、原産地は南アフリカ、草丈は20~50センチ、

2017-01-24キルタンサス(3).png

開花期は1~3月、花は細長い筒状で、先端が開いた細いラッパ型になります。

花色はピンク・オレンジ・黄・白色などがあり、筒状部が湾曲して斜め上~下向きに咲きます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

美しい赤い実・・ピラカンサ [日記、雑感]

名前はギリシャ語のpyro(炎)+acantha(刺)が語源で

火のような真っ赤な実をつけ、枝一杯にとげがあることから。

日本ではトキワサンザシ(赤い実)・タチバナモドキ(柿色の実)が多く栽培されています。

2016-12-21ピラカンサ(1).png

バラ科、原産地はヨーロッパ東南部・アジア、樹高は2~5メートル、

)2016-12-21ピラカンサ(2.png

果実鑑賞期は10~2月、秋から冬にかけて赤や柿色の艶やかな果実をつけます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ストック・・紫羅欄花(アラセイトウ) [日記、雑感]

ストックは英語名で幹や茎を意味し、丈夫な茎を持つことに由来します。

紫羅欄花は葉がラセイタに似ている⇒葉ラセイタ⇒アラセイトウに変化しました。

)2017-01-20ストック(1.png

アブラナ科、原産地は南ヨーロッパ、草丈は20~80センチ、

2017-01-20ストック(2).png

開花期は1~3月、甘い香りの豪華な花を花茎に房状に咲かせます。

花色が豊富で花の形も一重と八重があります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ユニークな花・・蛇の目エリカ(ジャノメエリカ) [日記、雑感]

属名のエリカはギリシャ語のereike(裂ける)に由来し、胆石を砕く薬効があります。

和名はピンクの小花から覗く黒い葯が、蛇の目に見えることから。

2017-01-19ジャノメエリカ(1).png

ツツジ科、原産地はアフリカ・ヨーロッパ、樹高は50~200センチ、

2017-01-19ジャノメエリカ(3).png

開花期は12~3月、花はピンク色で壺形の小花で、黒い葯が花の中から覗かせます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

庭に咲く・・寒椿(カンツバキ) [日記、雑感]

寒椿は寒い季節に花を咲かせる椿という意味です。

椿は花が丸ごと落ちますが、寒椿は花ビラが一枚一枚散っていきます。

かんつばき.png

ツバキ科、原産地は日本、枝が横方向に伸びるので背丈は70センチ程度です。

寒椿(2).png

開花期は12~2月、濃い紅色が鮮やかで八重咲きです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シネラリア・・サイネリア [日記、雑感]

正式名称はシネラリアですが、「死」を連想させる為サイネリアで流通されています。

和名の富貴菊(フウキギク)は、蕗(フキ)に似た葉⇒富貴の字が当てられた。

)2017-01-20シネラリア(1.png

キク科、原産地はカナリヤ諸島、草丈は20~70センチ、

2017-01-20シネラリア(2).png

開花期は1~4月、花の大きさは小輪種で2センチ、大輪種で10センチ程です。

花色は豊富で、早春~春の代表的な鉢花の一つです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花月(カゲツ)・・金のなる木 [日記、雑感]

名前の由来は葉が丸く分厚い形で、お金のように見えることから。

園芸名に花月などの呼び名がありますが、金のなる木で広く知られています。

)2017-01-16金のなる木(1.png

ベンケイソウ科、原産地は南アフリカ、草丈は30~200センチ、

)2017-01-16金のなる木(2.png

開花期は12~3月、花は小さな星形で茎の頂点に集まって咲きます。

花色は花ビラの先がピンク色で、白花や淡いピンク色です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ガザニア・・勲章菊(クンショウギク) [日記、雑感]

ガザニアはアリストテレスなどの書物を、ラテン語に翻訳したガザさんに由来。

和名の勲章菊は、花の色や形が勲章に似ていることから。

)2016-12-21ガザニア(1.png

キク科、原産地は南アフリカ、草丈は15~40センチ、

)2016-12-21ガザニア(2.png

主な開花期は5~12月、花色は黄・ピンク・赤・白・複色などがあります。

花は晴れた日中に開き、日の射さない曇りや雨・夜間は閉じます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

石垣に咲く・・黄梅(オウバイ) [日記、雑感]

名前は黄色い花が梅に似ていて、咲く時期が同じことから。

中国名「迎春花」英名「ウインター・ジャスミン」は、早春から開花することに因みます。

2016-03-10石垣の黄梅(3).png

モクセイ科、原産地は中国、草丈は1~2メートル(つる性)

)2017-01-17黄梅(2.png

開花期は1~3月、つるのように枝垂れて、花径3センチ程の黄色い花を咲かせます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬に咲く花・・ユリオプスデージー [日記、雑感]

ユリオプスはギリシャ語で「大きな目を持つ」という意味で、花の姿に由来します。

晩秋から春まで黄色い花を長期間咲かせ、葉や茎に細毛が生えています。

ユリオプステージ(1).png

キク科、原産地は南アフリカ、草丈は60~100センチ、

ユリオプステージ(2).png

開花期は11~5月、花径は3~4センチ程で一重の黄色い花を咲かせます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

垣根の花木・・藪椿(ヤブツバキ) [日記、雑感]

古くから庭木として親しまれている、日本を代表する花木の一つです。

藪椿は一般的に椿と呼ばれ、園芸品種の基本種となっています。

2017-01-10ツバキ(1).png

ツバキ科、野生種としては本州・四国・九州に分布、樹高は3~8メートル、

2017-01-10ツバキ(2).png

開花期は1~3月、花色は赤色で花径5~8センチ程の筒状の5弁花を咲かせます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

可愛らしい花・・プリムラ [日記、雑感]

プリムラはprimos(最初)が語源で、早春花が他の花に先駆けて咲くことから。

冬から春の花が少ない時期に、鮮やかな色彩の花を咲かせる草花です。

2017-01-15プリムラ(1).png

サクラソウ科、原産地は交配種、草丈は10~30センチ、

)2017-01-15プリムナ(2.png

開花期は12~4月、葉のすぐ上でまとまって花が咲きます。

花色は赤・白・ピンク・紫・黄色など豊富で、花ビラは桜のようで可愛らしいです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

用水路に咲く・・白梅(シラウメ) [日記、雑感]

春を告げる花として古くから親しまれている梅には、果実を食用にする実梅と

花が大きく美しく鑑賞に向く花梅があります。

白梅は花後に実が付く品種の一つです。

2016-02-25用水路の白梅(5).png

バラ科、原産地は中国、樹高は3~8メートル、

2016-02-25用水路の白梅(6).png

開花期は1~3月、花色は白色で花ビラは5枚の一重咲きです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感