So-net無料ブログ作成
検索選択

深山に咲く・・山藤(ヤマフジ) [日記、雑感]

山藤は藤の仲間で、藤と区別する為に命名されました。


木本性の蔓植物で、他の樹木に絡みついてよじ登ります。


蔓の巻き方は藤は右巻き、山藤は左巻きです。



28ヤマフジ(1)2016-04-28.png



マメ科フジ属、中部以西~九州の山地に分布、落葉蔓性低木、



2016-04-28ヤマフジ(2).png



開花期は4~5月、枝先に20センチ程の総状花序が下垂して、紫色の蝶形花を咲かせます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

湿地に咲く・・沢小車(サワオグルマ) [日記、雑感]

名前の由来は沢沿いに生育し、花ビラが牛車の車輪に似ていることから。


近縁種の丘小車(オカオグルマ)は、乾いた日当たりの良い草原に自生します。



)2017-04-23サワオグルマ(3.png



キク科、日当たりの良い山野の湿原・水辺・休耕田などに自生、草丈は50~80センチ、



)2017-04-23サワオグルマ(4.png



開花期は4~6月、茎頂に散房花序を出し、花径3~4センチ程の黄色の頭花を多数つけます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

深山に咲く・・筑紫石楠花(ツクシシャクナゲ) [日記、雑感]

名前の由来は九州地方に広く分布していることから。日本固有種で天然記念物に指定。


葉の表面は無毛で濃緑色、裏面には赤褐色のビロード状の綿毛が密生します。



2016-04-24ツクシ石楠花(1).png



ツツジ科、紀伊半島・四国(南部)・九州の深山に生育、樹高は2~4メートル、



2016-04-24ツクシ石楠花(2).png



花冠は淡紅色で花径4~6センチの漏斗状で7裂します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本牡丹・・島大臣(シマダイジン) [日記、雑感]

牡丹は中国名の「牡丹」の音読みで、ボタンと呼ばれるようになりました。


日本牡丹は日本で育成や品種改良された牡丹です。



2016-04-25日本牡丹 島大臣(1).png



ボタン科、原産地は中国、園芸品種、樹高は50~150センチ、



2016-04-25日本牡丹 島大臣(2).png



開花期は4~5月、濃い深みのある赤紫色で、千重咲き・大輪の花です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山野の黄金花・・八重山吹(ヤエヤマブキ) [日記、雑感]

名前は枝が細くて風に揺れやすい⇒山振り⇒山吹と転訛した。


八重咲きの八重山吹は、庭園や庭木として広く栽培される品種です。



2016-04-24ヤマブキ(3).png



バラ科、日本全国に自生する落葉低木、樹高は1~2メートル、



2016-04-24ヤマブキ(4).png



開花期は4~5月、花径は3~5センチで黄金色の八重咲きです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里山に咲く・・雪国三つ葉躑躅(ユキグニミツバツツジ) [日記、雑感]

雪国三つ葉躑躅は、日本海側の多雪地帯に生育する三つ葉躑躅の1種です。


三つ葉躑躅は、葉が枝先に3枚輪生します。



2016-04-24雪国ミツバツツジ(1).png



ツツジ科、本州の日本海側の多雪地帯に分布、樹高は2~3メートル、



2016-04-24雪国ミツバツツジ(2).png



開花期は4~5月、春に可愛らしいピンク色の花を咲かせます。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スターチス・・花浜匙(ハナハマサジ) [日記、雑感]

スターチスはギリシャ語statizo(止める)が語源で、下痢止めの薬草として使用されていたことから。


和名の花浜匙は海辺の地域に分布し、花の形が匙に似ていることから。



2017-04-20スターチス(1).png



イソマツ科、世界各地に分布(日本には昭和初期に渡来)、草丈は40~80センチ、



2017-04-20スターチス(2).png



開花期は4~6月、花ビラは白や黄色で、萼は漏斗状で青紫・黄・ピンク・白色などがあります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・鶯神楽(ウグイスカグラ) [日記、雑感]

鶯神楽は、鶯が繁みの陰で岩戸神楽を舞っていると見立てたことから。


属名のLoniceraはドイツの採集家ロニツァーに因み、家畜の下痢止めに効果があることから。



)2017-04-08ウグイスカグラ(1.png



スイカズラ科、九州北海道の山野に分布、樹高は1・5~3メートル、



2017-04-08ウグイスカグラ(2).png



開花期は3~6月、花冠の先は星形に5つに裂け、筒状の淡い紅色の花を下向きに付けます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ガウラ・・白蝶草(ハクチョウソウ) [日記、雑感]

ガウラはギリシャ語gauros(立派な・華麗な)が語源で、その花の姿を表しています。


別名の白蝶草は、風に揺れ白い蝶が飛んでいるように見えることから。



)2017-04-07ガウラ(1.png



アカバナ科、明治時代中期に北アメリカから渡来、草丈は80~100センチ、



)2017-04-07ガウラ(2.png



開花期は4~10月、茎先に総状花序を出し、白い4弁花を付けます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

香草・・羽衣素馨(ハゴロモジャスミン) [日記、雑感]

羽衣素馨は花から芳香が漂い、羽衣をまとったような美しい姿から。


香りの王と呼ばれるジャスミンの仲間で、天女を連想させる甘い香りが特徴です。



)2017-04-03ハゴロモジャスミン(1.png



モクセイ科、原産地は中国、草丈は1~3メートル(つる性)



2017-04-03ハゴロモジャスミン(2).png



開花期は4~5月、花の内側は白色、外側は薄いピンク紅色です。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チューリップ・・玉鬘(タマカヅラ) [日記、雑感]

学名のTulipaはペルシャ古語tulipan(頭巾)が語源で、花が頭巾に似ていることから。


子供が最初に描く花、最初に覚える歌として親しまれています。



2017-04-23タマカズラ(1).png



ユリ科、原産地はトルコ~中央アジア、園芸品種、草丈は40~80センチ、



)2017-04-23タマカズラ(2.png



開花期は3~5月、花色は豊富で花弁は先端が丸いもの・尖ったもの・フリル状のものもあります。


咲き方は一重咲きや八重咲きもあります。富山県・新潟県の県花です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・花蘇芳(ハナズオウ) [日記、雑感]

花蘇芳は、花色が蘇芳(スオウ)の材を煮出した液に似ていることから。


蘇芳は、奈良時代に渡来した真紅の染料です。



)2017-04-23ハナズオウ(1.png



マメ科、古くに中国から渡来、樹高は3~5メートル、



)2017-04-23ハナズオウ(2.png



開花期は4~5月、花色は赤紫色で、葉の付け根に蝶型の花が数輪まとまって咲きます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

湿地に咲く・・九輪草(クリンソウ) [日記、雑感]

九輪草は、花の咲き方がお寺の屋根の先端に付いている九輪に似ていることから。


別名の七階草(ナナカイソウ)や七重草(シチジュウソウ)は、段になった花の様子から。



)2017-03-25クリンソウ(1.png



サクラソウ科、本州・四国北海道の山間部の湿地に生育、草丈は30~90センチ、



)2017-03-25クリンソウ(2.png



開花期は4~6月、花色は紅紫色やピンク・白色などがあり


花は花茎の先に数段に輪生して付きます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・花水木(ハナミズキ) [日記、雑感]

花水木はミズキの仲間で、花が目立つので名付けられた。


1912年東京市がアメリカに桜を贈り、その返礼として1915年に贈られたのが始まり。



2016-04-23ハナミズキ(淡いピンク 1).png



ミズキ科、原産地は北アメリカ東部、樹高は3~7メートル、



2016-04-23ハナミズキ(淡いピンク 2).png



開花期は4~5月、白色や薄いピンク色の花を付けます。


花ビラのように見えるのは苞で、花の本体は中心に丸く集まった部分です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野に咲く花・・西洋金瘡小草(セイヨウキランソウ) [日記、雑感]

西西洋金瘡小草は外来のキランソウの意味です。


シソ科の多年草で、日本のジュウニヒトエやキランソウの西洋版と言える植物です。



2016-04-23セイヨウキランソウ(1).png



シソ科、ヨーロッパから渡来し野生化、草丈は10~30センチ、



2016-04-23セイヨウキランソウ(2).png



開花期は4~6月、茎先に総状花序を直立させ、青紫色の唇形の花をたくさんつけます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・八重枝垂れ桜(ヤエシダレザクラ) [日記、雑感]

江戸彼岸(エドヒガン)の枝垂れ性の園芸品種で、八重咲きをする枝垂れ桜です。



2016-04-11ヤエシダレ(1).png



バラ科サクラ属、本州~九州に分布、樹高は5~15メートル、



2016-04-11ヤエシダレ(2).png



開花期は4月、花色は白か淡い紅色で小輪の八重咲きです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・灯台躑躅(ドウダンツツジ) [日記、雑感]

灯台躑躅は、枝分かれした姿が結び灯台の脚部に似ており


そのトウダイが転訛したものです。


秋の紅葉も美しく、季節ごとに楽しめる樹木です。



2016-04-11ドウダンツツジ(1).png



ツツジ科、西日本の一部に自生、樹高は1~3メートル、



2016-04-11ドウダンツツジ(2).png



開花期は3~6月、花姿は白い壺形で枝から垂れ下がるようにたくさん付きます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・黄水仙(キズイセン) [日記、雑感]

黄水仙は細く丸い葉は直立し、イグサ状から糸葉水仙とも呼ばれます。


強い香りがするので、匂い水仙とも言われています。



2016-04-11キズイセン(1).png



ヒガンバナ科、ヨーロッパ原産で江戸時代に渡来、草丈は20~40センチ、



2016-04-11キズイセン(2).png



開花期は3~4月、6枚の花ビラとカップ状の副花冠は鮮やかな黄色で


花を横向きに付けます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生け垣の桜・・〝染井吉野(ソメイヨシノ)” [日記、雑感]

江戸末期~明治初期に、染井村の植木職人が品種改良をして作出された。


作出当初は吉野桜⇒染井村が起源⇒染井吉野と名付けられました。


2016-04-01屋敷林の桜(1).png



バラ科、江戸彼岸桜と大島桜の交配種、樹高は10~15メートル、



2016-04-01屋敷林の桜(2).png



開花期は3~5月、花色は淡ピンク色で3~4個の花が集まって咲きます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山野に咲く・・日本鈴蘭(ニホンスズラン) [日記、雑感]

日本鈴蘭は、葉は細く花は葉よりも低い位置で咲きます。

別名の君影草(キミカゲソウ)は、恋する人を思い影から見つめる女性の姿に見立てた。

)2017-04-19ニホンスズラン(1.png

ユリ科、本州中部~北海道の山地や草地に自生、草丈は15~20センチ、

)2017-04-19ニホンスズラン(2.png

開花期は4~5月、花茎の先端に白い釣り鐘状の花を咲かせます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感