So-net無料ブログ作成
検索選択

ユニークな花・・セリンセ・マヨール [日記、雑感]

和名は学名のCerinthemajorを音読みしたものです。


日本でよく見受けられるのは、筒状の花全体が紫色になる品種です。



)2017-05-16セリンセ・マヨール(1.png



ムラサキ科、原産地は南ヨーロッパ、草丈は20~60センチ、



)2017-05-16セリンセ・マヨール(2.png



開花期は4~6月、苞と花筒部分が紫色の花が、うつむき加減に咲きます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

草地に咲く・・靫草(ウツボグサ) [日記、雑感]

名前は毛ばだった花穂のようすが、弓矢を入れる靫(ウツボ)に似ていることから。


別名の夏枯草(カコソウ)は、花後に花穂だけがカサカサに茶色く枯れることから。



2016-05-21ウツボグサ(1).png



シソ科、日当たりの良い草地や道端に生育、草丈は20~30センチ、



2016-05-21ウツボグサ(2).png



開花期は5~8月、茎先に紫色の唇状をした花が、穂状にかたまって咲きます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感