So-net無料ブログ作成

里山に咲く・・寒緋桜(カンヒザクラ) [日記、雑感]

属名のPrunusは「plum(スモモ)」の意味で、種小名のcampanulataは鐘形という意味です。

沖縄では開花期は1~2月で、桜といえばこの寒緋桜を指します。

2016-04-03寒緋桜(1).png

バラ科、原産地は中国南部・台湾で沖縄で野生化し琉球列島に分布、樹高は5~10メートル、

2016-04-03寒緋桜(2).png

開花期は1~3月、緋紅色の花を半開した鐘状に下向きにつけます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エランティス・・黄花節分草(キバナセツブンソウ) [日記、雑感]

エランティスは「春の花」という意味のギリシャ語に由来します。

和名の由来は、春に芽を出し節分の頃に咲く黄色の花から・・。

)2017-02-06エランシス(1.png

キンポウゲ科、原産地はヨーロッパ・西アジア、草丈は5~15センチ、

2017-02-06エランシス(2).png

開花期は2~3月、花は光沢を帯びた鮮やかな黄色です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感