So-net無料ブログ作成
日記、雑感 ブログトップ
前の20件 | -

海岸に咲く・・磯菊(イソギク) [日記、雑感]

名前は磯に咲く菊という意味から、磯菊と呼ばれています。

花が少ない秋から冬にかけて、黄色の明るい色彩の花を咲かせます。

)2016-11-21イソギク(1.png

キク科、千葉から静岡の海岸線・伊豆諸島に分布、草丈は20~40センチ、

)2016-11-21イソギク(2.png

開花期は10~12月、茎の先端に黄色くて丸い頭花が集まって付きます。

目立つ舌状花は無く筒状花のみですが、鮮やかな黄色なので目立ちます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬空に咲く・・八重咲き皇帝ダリア [日記、雑感]

八重咲き皇帝ダリアは一重咲きに比べ、ひと月程開花期が遅く


花芽が付いても気温が低下したり、霜が降りて咲ききりません。



)2016-12-02皇帝ダリア(2.png



キク科、原産地はメキシコ~中米、樹高は2~3メートル、



2017-12-14八重咲き皇帝ダリア.png



開花期は12月中旬頃、花色はピンク色で八重咲きの豪華な花姿です。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

海岸に咲く・・達磨菊(ダルマギク) [日記、雑感]

名前は海岸の岩の上に咲く姿が、ずんぐりしていて達磨に似ていることから。

寒さに強く丈夫な宿根草なので、庭植え・鉢植えでも良く咲きます。

)2016-11-21ダルマギク(1.png

キク科シオン属、本州・九州の日本海側に自生、草丈は20~30センチ、

2016-11-21ダルマギク(2).png

主な開花期は9~11月、花径4センチ程で淡い紫色の花が咲きます。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

可愛らしい花・・イチゴノキ [日記、雑感]

名前は赤く熟した果実の表面はいぼいぼで、様子がイチゴを連想させることから。


果実はジャムや果実酒に利用され、皮はタンニンの原料となります。



)2017-12-10イチゴノキ(1.png



ツツジ科、原産地は南ヨーロッパ・アイルランド、樹高は2~3メートル、



2017-12-10イチゴノキ(2).png



開花期は11~12月、花茎葉下向きに垂れ下がり、先端に壺を逆さにしたような


小さな白い花がたくさん付きます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

岩間に咲く・・ヒマラヤ雪ノ下 [日記、雑感]

名前は冬でも常緑の葉を雪の下からのぞかせ、ヒマラヤ地方に生育することから。

極めて耐寒性が強く育てやすいので、日本でも広く普及しています。

2016-04-23ヒマラヤユキノシタ(雑種 1).png

ユキノシタ科、原産地はヒマラヤ山脈、草丈は10~50センチ、

2016-04-23ヒマラヤユキノシタ(雑種 2).png

開花期は12~4月、花茎を長く伸ばして、先端にピンク色の花を咲かせます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初冬に咲く・・茶の木(チャノキ) [日記、雑感]

名前は漢名の茶を音読みしたもので、茶は葉や茎を加工した飲み物です。


晩秋から初冬にかけて、椿に似た白い花を咲かせ実を付けます。



2017-12-05チャ(1).png



ツバキ科、原産地は中国、樹高は1・5~3メートル、



)2017-12-05チャ(2.png



開花期は10~12月、白い5弁花が多数の黄色い雄蕊を抱いて、うつむき加減に咲きます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

可愛い小花・・アリッサム [日記、雑感]

別名のスイートアリッサムは、石鹸みたいな甘い香りがすることから。

寒さに強い頑健な植物で、小さな花を地面を這うように咲かせます。

)2016-12-02アリッサム(1.png

アブラナ科、原産地は地中海北岸から西アジア、草丈は10~20センチ、

)2016-12-02アリッサム(2.png

開花期は10~12月、花色は白・赤・紫・ピンク色などがあり細かい花を密につけます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬空に咲く・・十月桜(ジュウガツザクラ) [日記、雑感]

花木の少ない秋から冬にかけて咲くので、一瞬人目を惹きます。

江戸彼岸と豆桜の交雑種の小彼岸桜の園芸品種です。

)2016-11-21ジュウガツサクラ(1.png

バラ科、原産地は日本、樹高は3~7メートル、

2016-12-07ジュウガツサクラ(1).png

開花期は10~1月、二度咲きで3~4月、花弁は八重で花色は白又は薄いピンク色です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

可愛らしい花・・ベゴニア [日記、雑感]

名前はサントドミンゴ島の総督で、植物学者ベゴンさんに因みます。

小柄な草姿に鮮やかな花色が、メリハリのある模様をつくり出します。

2016-11-05ベゴニア(3).png

シュウカイドウ科、原産地はブラジル、草丈は20~50センチ、

)2016-11-05ベゴニア(4.png

開花期は5~11月、花色は白・ピンク・赤色などがあり

花ビラの表面はキラキラしており、みずみずしい雰囲気を醸し出します。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

道端に咲く・・水仙(スイセン) [日記、雑感]

名前は漢名の水仙を音読みしたものです。

別名の雪中花(セッチュウカ)は、雪の中でも春の訪れを告げることから。

2016-12-08スイセン(1).png

ヒガンバナ科、原産地は地中海沿岸・スペイン・ポルトガル、草丈は20~40センチ、

)2016-12-08スイセン(2.png

開花期は11~4月、花ビラは白色で副花冠は黄色のカップ型で房咲きです。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鮮やかな花・・ガザニア [日記、雑感]

名前はギリシア人の翻訳家(古代ギリシアの植物学書をラテン語に翻訳)ガザの名に由来。


花は朝開いて夕方には閉じてしまい、直射日光下でしか開きません。



)2017-12-10ガザニア(1.png



キク科、原産地は南アフリカ、草丈は15~40センチ、



)2017-12-10ガザニア(2.png



開花期は5~12月、花色は黄色・ピンク・オレンジ・赤・白・複色などがあり


蛇の目模様や2色咲きなどカラフルで、一重咲き・八重咲きもあります。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

玄関に咲く・・八手(ヤツデ) [日記、雑感]

花名は日本語の「八(ハチ)」又は、「八手(ハッシュ)」の読みに由来します。


大きな手のような葉が人を招くという「千客万来」の縁起を担いで玄関先に植えられます。



2016-12-06八手(1).png



ウコギ科、福島県以南~沖縄に分布、樹高は1・5~3メートル、



2016-12-06八手(2).png



開花期は11~12月、球状にまとまった白っぽい花がたくさん咲き、果実が付きます

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クレロデンドルム・ウォリッキー・・クラリンドウ [日記、雑感]

学名のClerodendrumは、ギリシャ語のcleros(運命)+dendros(樹木)が語源です。

wallichiiは、デンマークの植物学者NathanielWallichに因みます。

)2016-12-02クラリンドウ(1.png

クマツヅラ科、原産地はインド・ヒマラヤ、樹高は30~100センチ、

)2016-12-02クラリンドウ(2.png

開花期は10~12月、枝先から花径3センチ程の白い花が垂れるように咲きます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

庭に咲く・・赤い椿(ツバキ) [日記、雑感]

名前は落ちた花が刀の鍔(ツバ)に似ており⇒鍔木(ツバキ)の名から。

古くから庭木として親しまれ、日本を代表する花木の一つです。

)2016-12-25ツバキ(1.png

ツバキ科、原産地は本州・四国・九州に分布、樹高は3~8メートル

)2016-12-25ツバキ(2.png

開花期は12~3月、花色は赤色で花弁は平開せず漏斗型で雄蕊は黄色で筒状です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鮮やかな花・・ユリオプスデージー [日記、雑感]

花名のユリオプスは、ギリシア語のeuryops(大きな目を持つ)が語源で


ぱっちりと開いた大きな目のような花の形に由来し


デージーは、デージー(ヒナギク)の花に似ていることに由来します。



)2017-1207ユリオプスデージー(1.png



キク科、原産地は南アフリカ、草丈は50~150センチ、



)2017-12-07ユリオプスデージー(2.png



開花期は11~5月、晩秋から春まで、黄色い花を長期間咲かせます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬空に咲く・・皇帝ダリア(コウテイダリア) [日記、雑感]

花名は学名のDahlia imperialis(皇帝のダリア)で、空にそびえ立つ威厳ある花姿から。

 花言葉の「乙女の真心」は、天高く伸びて青空に澄んだピンク色の花を咲かせることから。

)2016-11-24皇帝ダリア(1.png

キク科、原産地は中米・メキシコ、樹高は2~5メートル、

)2016-11-24皇帝ダリア(2.png

開花期は11月中旬~12月上旬、大輪のピンク色の花をたくさん咲かせます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小さな花・・イオノプシジウム [日記、雑感]

イオノプシジウムはポルトガル原産のIonopsidiumacaule種で、和名は姫紫花菜です。


日本への渡来時期は不明ですが、本州各地で帰化しているのが確認されています。



)2017-12-07イオノプシジューム(1.png



アブラナ科、原産地はポルトガル、草丈は5~10センチ、



)2017-12-07イオノプシジューム(2.png



開花期は12~4月、花径5ミリ程で薄紫色の小さな花がたくさん咲きます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

数珠のような果実・・栴檀(センダン) [日記、雑感]

名前は果実が丸く数が多いこと⇒千珠(センダマ)⇒センダンと呼ばれるように。


樹皮は腹の虫除け、種子は整腸・鎮痛に、茎葉は農業用の殺虫、材は建材や


器具材として使用され、街路樹や公園などに広く植栽されています。



)2016-12-13センダン(1.png



センダン科、四国・九州以南に分布、樹高は5~10メートル、



)2016-12-13センダン(2.png



晩秋から冬になると、落葉した枝一面に黄褐色に熟した果実がぶら下がります。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

可愛らしい花・・アサリナ [日記、雑感]

花名はスペイン語でasuram(キンギョウソウ属)に由来し、花姿が似ていることから。


和名の蔦葉桐蔓(ツタバキリカズラ)は、葉はツタに似て花がキリに似ていることから。



)2017-12-06アサリナ(1.png



ゴマノハグサ科、原産地はメキシコ、つるの長さ2~4メートル、



)2017-12-06アサリナ(2.png



開花期は7~12月、花色はピンク・青紫・白・赤色などがあり


ラッパ型をした可愛らしい花を咲かせます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雑木林の赤い実・・白山木(ハクサンボク) [日記、雑感]

名前は石川県の白山に生えるという、間違った認識から名付けられた。


春に真っ白い花が咲き、秋には真っ赤な実が成ります。



)2016-12-13ハクサンボク(1.png



スイカズラ科、中部~沖縄の山野・海岸沿いに分布、樹高は2~6メートル、



)2016-12-13ハクサンボク(2.png



10~12月頃に花後に付く楕円形の核果が真っ赤に熟します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の20件 | - 日記、雑感 ブログトップ