So-net無料ブログ作成
検索選択

湿地に咲く・・九輪草(クリンソウ) [日記、雑感]

九輪草は、花の咲き方がお寺の屋根の先端に付いている九輪に似ていることから。


別名の七階草(ナナカイソウ)や七重草(シチジュウソウ)は、段になった花の様子から。



)2017-03-25クリンソウ(1.png



サクラソウ科、本州・四国北海道の山間部の湿地に生育、草丈は30~90センチ、



)2017-03-25クリンソウ(2.png



開花期は4~6月、花色は紅紫色やピンク・白色などがあり


花は花茎の先に数段に輪生して付きます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・花水木(ハナミズキ) [日記、雑感]

花水木はミズキの仲間で、花が目立つので名付けられた。


1912年東京市がアメリカに桜を贈り、その返礼として1915年に贈られたのが始まり。



2016-04-23ハナミズキ(淡いピンク 1).png



ミズキ科、原産地は北アメリカ東部、樹高は3~7メートル、



2016-04-23ハナミズキ(淡いピンク 2).png



開花期は4~5月、白色や薄いピンク色の花を付けます。


花ビラのように見えるのは苞で、花の本体は中心に丸く集まった部分です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野に咲く花・・西洋金瘡小草(セイヨウキランソウ) [日記、雑感]

西西洋金瘡小草は外来のキランソウの意味です。


シソ科の多年草で、日本のジュウニヒトエやキランソウの西洋版と言える植物です。



2016-04-23セイヨウキランソウ(1).png



シソ科、ヨーロッパから渡来し野生化、草丈は10~30センチ、



2016-04-23セイヨウキランソウ(2).png



開花期は4~6月、茎先に総状花序を直立させ、青紫色の唇形の花をたくさんつけます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・八重枝垂れ桜(ヤエシダレザクラ) [日記、雑感]

江戸彼岸(エドヒガン)の枝垂れ性の園芸品種で、八重咲きをする枝垂れ桜です。



2016-04-11ヤエシダレ(1).png



バラ科サクラ属、本州~九州に分布、樹高は5~15メートル、



2016-04-11ヤエシダレ(2).png



開花期は4月、花色は白か淡い紅色で小輪の八重咲きです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・灯台躑躅(ドウダンツツジ) [日記、雑感]

灯台躑躅は、枝分かれした姿が結び灯台の脚部に似ており


そのトウダイが転訛したものです。


秋の紅葉も美しく、季節ごとに楽しめる樹木です。



2016-04-11ドウダンツツジ(1).png



ツツジ科、西日本の一部に自生、樹高は1~3メートル、



2016-04-11ドウダンツツジ(2).png



開花期は3~6月、花姿は白い壺形で枝から垂れ下がるようにたくさん付きます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・黄水仙(キズイセン) [日記、雑感]

黄水仙は細く丸い葉は直立し、イグサ状から糸葉水仙とも呼ばれます。


強い香りがするので、匂い水仙とも言われています。



2016-04-11キズイセン(1).png



ヒガンバナ科、ヨーロッパ原産で江戸時代に渡来、草丈は20~40センチ、



2016-04-11キズイセン(2).png



開花期は3~4月、6枚の花ビラとカップ状の副花冠は鮮やかな黄色で


花を横向きに付けます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生け垣の桜・・〝染井吉野(ソメイヨシノ)” [日記、雑感]

江戸末期~明治初期に、染井村の植木職人が品種改良をして作出された。


作出当初は吉野桜⇒染井村が起源⇒染井吉野と名付けられました。


2016-04-01屋敷林の桜(1).png



バラ科、江戸彼岸桜と大島桜の交配種、樹高は10~15メートル、



2016-04-01屋敷林の桜(2).png



開花期は3~5月、花色は淡ピンク色で3~4個の花が集まって咲きます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感