So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

庭に咲く・・厚葉君が代蘭(アツバキミガヨラン) [日記、雑感]

名前は花数が多く咲き続け、いつまでも栄えるということから。(厚葉=葉が厚いの意)


別名ユッカ蘭とも呼ばれ、明治時代に渡来し庭園樹として利用されています。



2016-06-20キミガヨラン(1).png



リュウゼツラン科、原産地は北アメリカ、樹高は100~200センチ、



2016-06-20キミガヨラン(2).png



開花期は5~6月、10月、(二度咲き)花茎を長く伸ばして


黄白色で鐘形の花をたくさん咲かせます。

空き地に咲く・・ヒメトリトマ [日記、雑感]

トリトマは旧属名に因み、現在は園芸上の呼び名として用いられます。(姫=小柄の意)


英名のトーチリリー(松明のユリ)は、筒状の花の形と燃えるような花色から。



)2017-06-09ヒメトリトマ(1.png



ツルボラン科、原産地は南アフリカ、草丈は60~80センチ、



)2017-06-09ヒメトリトマ(2.png



開花期は5~7月、花色は蕾のときはオレンジ色で、開花すると黄色に変化します。

草地に咲く・・蝦夷透百合(エゾスカシユリ) [日記、雑感]

スカシユリの近縁種で、北海道の海岸や山地の草地などに生える多年草です。


ユリは横向きに咲くものが多いが、蝦夷透百合は上向きに咲きます。



)2017-06-17エゾスカシユリ(1.png



ユリ科、北海道の海岸や山地の草地に生育、草丈は30~80センチ、



)2017-06-17エゾスカシユリ(2.png



開花期は6~7月、花色は橙色で内側に濃橙色の斑点があり、杯状の花を上向きにつけます。

初夏の花・・銀盃草(ギンパイソウ) [日記、雑感]

名前は花色は白色で、花形が盃状であることから。


葉が密に茂り、初夏に咲く白花は魅力があります。



2017-05-29ギンパイソウ(1).png



ナス科、原産地はアルゼンチン、草丈は5~15センチ、



)2017-05-29ギンパイソウ(2.png



開花期は5~7月、花色は白色で中心は黄色を帯び、芳香があります。

山野に咲く・・梔子(クチナシ) [日記、雑感]

名前は「口無し」を意味し、果実が熟しても割れないことから。


実は漢方薬や黄色の塗料(きんとんやたくあんの着色料)として用いられます。



2016-06-24クチナシ(1).png



アカネ科、本州西部・四国・九州の海岸の山野に生育、樹高は50~250センチ、



2016-06-24クチナシ(2).png



開花期は6~7月、花径6センチほどの純白の花で、甘い芳香があります。

前の5件 | -