So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

真夏の花・・アメリカリョウブ [日記、雑感]

夏の一番暑い時期に、爽やかな花を咲かせる落葉低木です。


日本のリョウブに比べ、コンパクトな樹形で花付きが良いのが特長です。


2016-07-27アメリカリョウブ(1).png


リョウブ科、原産地は北アメリカ、樹高は1~2・5メートル、


2016-07-27アメリカリョウブ(2).png


開花期は7~8月、枝先に穂状の花を咲かせ、弱い芳香があります。


花色はピンクと白があり、ピンクをよく見かけます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

草原に咲く・・男郎花(オトコエシ) [日記、雑感]

和名は女郎花に対し、花色は白く地味で、葉や茎が大きく男性的なことから。


別名敗醤(ハイショウ)は、花瓶に生けておくと醤油の腐った匂いがする事から。


2016-07-20オトコエシ(1).png


オミナエシ科、日本では日当たりの良い草地に分布、草丈は50~100センチ、


2016-07-20オトコエシ(2).png


開花期は7~10月、茎の上部で枝分かれし、散房花序を出し


白い小花をたくさん付けます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

太陽の花・・向日葵(ヒマワリ) [日記、雑感]

名前は花が太陽の方向を追うように動くことに由来します。


ヒマワリは暑さにめげず鮮やかな黄色い花を咲かせ、遠目にも目立ちます。


種を炒って食用にしたり、油を搾ったり飼料に利用します。


2019-7-26ヒマワリ(1).png


キク科、原産地は北アメリカ、草丈は30~300センチ、


2019-7-26ヒマワリ(2).png


開花期は7~9月、花は黄色系の舌状花と、茶色系の管状花からなります。


小輪から大輪、一重咲き・八重咲きなど多くの品種があります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青空に映える・・アガパンサス・イナペルツス [日記、雑感]

和名は紫君子蘭(ムラサキクンシラン)ですが、クンシランは別属の植物で


外見の特徴から姿が似て、紫色の花を咲かせるという意味です。


)2016-07-27アガパントゥス(1.png


ユリ科、原産地は南アフリカ、草丈は70~150センチ、


2016-07-27アガパントゥス(2).jpg


開花期は6~9月、花は筒状で先端が少し開きます。つぼみの状態では上を向きますが


開くときは下向きになります。花色は淡い青色や白色があります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

炎天下に咲く・・赤花芙蓉(アカバナフヨウ) [日記、雑感]

開花期間が長く、真っ赤な花を初夏から晩秋まで咲かせます。


大阪市立大付属植物園の立花吉茂氏によって作出された種間交配種です。



2019-7-26アカバナフヨウ(1).png



アオイ科、フヨウとアメリカフヨウの種間交配種、樹高は1・5~2メートル、



2019-7-26アカバナフヨウ(2).png



開花期は6~11月、花色は赤(濃いピンク)色で、花径はやや大きく15~20センチ程です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -