So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

里に咲く・・灯台躑躅(ドウダンツツジ) [日記、雑感]

灯台躑躅は、枝分かれした姿が結び灯台の脚部に似ており


そのトウダイが転訛したものです。


秋の紅葉も美しく、季節ごとに楽しめる樹木です。



2016-04-11ドウダンツツジ(1).png



ツツジ科、西日本の一部に自生、樹高は1~3メートル、



2016-04-11ドウダンツツジ(2).png



開花期は3~6月、花姿は白い壺形で枝から垂れ下がるようにたくさん付きます。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山野に咲く・・山吹草(ヤマブキソウ) [日記、雑感]

山吹草は、花姿がヤマブキに似ており草姿であることから。


野生種は減少しており、自治体によっては絶滅危惧種に指定。


2017-03-23ヤマブキソウ(1).png


ケシ科、本州~九州の山野の樹林地に群生、草丈は20~40センチ、


2017-03-23ヤマブキソウ(2).png


開花期は4~5月、花色は明るい黄色で、花径3~4センチで花ビラは4枚です。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・八重枝垂れ桜(ヤエシダレザクラ) [日記、雑感]

江戸彼岸(エドヒガン)の枝垂れ性の園芸品種で、八重咲きをする枝垂れ桜です。



2016-04-11ヤエシダレ(1).png



バラ科サクラ属、本州~九州に分布、樹高は5~15メートル、



2016-04-11ヤエシダレ(2).png



開花期は4月、花色は白か淡い紅色で小輪の八重咲きです。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

湿地に咲く・・黄色水芭蕉(キイロミズバショウ) [日記、雑感]

黄色水芭蕉は、仏炎苞の黄色に着目した和名です。


英名のスカンクキャベツは、花序が悪臭を放つことから。


北米の先住民は、古くから薬草として様々に利用してきました。


2016-04-24黄色い花の水芭蕉(1).png


サトイモ科、北アメリカ太平洋岸に分布、草丈は30~100センチ、


2016-04-24黄色い花の水芭蕉(2).png


開花期は4~6月、黄色い仏炎苞を持ちます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里山に咲く・・細葉石楠花(ホソバシャクナゲ) [日記、雑感]

細葉石楠花はツツジ科の低木で、葉が細長いシャクナゲです。


園芸品種が作出されていますが、自生地では絶滅危惧Ⅱ類に指定。


2016-04-11ホソバシャクナゲ(1).png


ツツジ科ツツジ属、愛知と静岡県境の山地に生育、樹高は50~180センチ、


2016-04-11ホソバシャクナゲ(2).png


開花期は4~5月、花冠は漏斗状で花径3~5センチで5裂し


淡い紅色や白色の花を咲かせます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -