So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

英国生まれの桜・・アーコレード [日記、雑感]

英国で大山桜(オオヤマザクラ)と小彼岸(コヒガン)の交配により、育成された品種です。

英国での開花期は春ですが、日本では春と秋の二季咲きとなっています。

2016-10-26アーコレード(1).png

バラ科サクラ属、原産地はイギリス、樹高は3~6メートル、

)2016-10-26アーコレード(2.png

秋の開花期は10~11月、花色は淡い紅色で、十月桜に比べ

花が大輪で花色もやや濃い色の美しい花です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

素朴な花・・紫露草(ムラサキツユクサ) [日記、雑感]

和名は同じツユクサ科の青い花を咲かせる露草に対し、紫色の花を咲かせることから。

属名のTradescantiaは、イギリスの植物採集家ジョン・トラデスカントに由来します。

2016-10-13ムラサキツユクサ(1).png

ツユクサ科、原産地は北アメリカ、草丈は30~80センチ、

2016-10-13ムラサキツユクサ(2).png

秋の開花期は10~11月、花径2~3センチ程の紫色の3弁花が茎先に集まって咲きます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジニア・リネアリス・・細葉百日草(ホソバヒャクニチソウ) [日記、雑感]

和名の細葉百日草は、細い線のような葉の百日草という意味です。

咲いた花の下から側枝が伸び、上に覆いかぶさるように新しい花が咲きます。

2016-10-09ジニア・リネアリス(1).png

キク科、原産地はメキシコ、草丈は20~40センチ、

2016-10-09ジニア・リネアリス(2).png

開花期は7~11月、オレンジ色の一重咲きの花がたくさん咲きます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ガーリックバイン・・大蒜蔓(ニンニクカズラ) [日記、雑感]

和名の大蒜蔓は、葉をつぶすとニンニクのような臭いがすることから。

美しい花木で、鉢植えでアンドン仕立てにして栽培できます。

)2016-10-16ニンニクカズラ(1.png

ノウゼンカズラ科、原産地は熱帯アメリカ、つるの長さは1~5メートル、

)2016-10-16ニンニクカズラ(2.png

開花期は10~11月、花径3~4センチ程で、紅紫色で内部が白い漏斗状の花を多数つけます。

 咲き始めは濃い色で、だんだん薄くなっていきます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

可愛らしい花・・越中ミセバヤ(エッチュウミセバヤ) [日記、雑感]

ミセバヤとは、花が美しいので誰かに見せたい⇒見せたいの古い言葉から。

富山県の固有種でミセバヤのやや大型変種、絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。

)2016-10-16エッチュウミセバヤ(1.png

ベンケイソウ科、岩場などに分布、草丈は10~30センチ、

)2016-10-16エッチュウミセバヤ(2.png

開花期は10~11月、桃紅色の小花を茎の先端に半球状にまとめて咲かせます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

湿地に咲く・・溝蕎麦(ミゾソバ) [日記、雑感]

名前は花と葉が蕎麦に似ていて、溝などの肥沃な水湿地に群生することから。

別名は牛の額で、葉の形が額に似ていることから。

2016-10-09コシロネ(3).png

タデ科、水湿地に生え群生、草丈は30~80センチ、

)2016-10-09コシロネ(4.png

開花期は7~11月、花はピンク色で、米粒のような形で枝先に密集します。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鮮やかな花・・サルビア・ホットリップス [日記、雑感]

別名のチエリーセージは、真っ赤な可愛いサクランボのようなので名付けられた。

サルビア・ミクロフイラの園芸種で、ホットリップスと流通名で呼ばれています。

201-10-09サルビア・ホットリップス(1).png

シソ科、原産地はアメリカ南部・メキシコ、草丈は50~150センチ、

2016-10-09サルビア・ホットリップス(2).png

開花期は6~11月、花色は赤白2色のバイカラーのもので

夏は赤系の花が、気温が下がると白系が増えてきます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生け花材・・赤茄子(アカナス) [日記、雑感]

秋に名前の通りの赤い実がなり、観賞用や生け花材として用いられます。

別名は花茄子(ハナナス)で、実は白⇒黄⇒オレンジ色⇒赤と変化していきます。

2016-10-15ハナナス(1).png

ナス科、原産地はブラジル、草丈は70~100センチ、

2016-10-15ハナナス(2).png

開花期は7~11月、ミニトマトに似た可愛い紅い実がつきます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青紫の花・・サルビア・インディゴスパイヤー [日記、雑感]

自然交雑のハイブリッド種で、花姿からIndigoSpires=藍色の尖塔と名付けられた。

日本ではラベンダーセージで流通しています。

2016-10-09サルビア・インディコ(1).png

シソ科、原産地は南ヨーロッパ、草丈は50~150センチ、

2016-10-09サルビア・インディコ(2).png

開花期は6~11月、花穂を伸ばして、青紫の美しい小花を多数咲かせます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

繊細な花・・芙蓉(フヨウ) [日記、雑感]

芙蓉は大きな花を毎日咲かせ、室町時代から観賞されてきました。

柔らかな花姿と一日で枯れてしまう儚さから、美しい女性の例えとされています。

2016-10-01フヨウ(1).png

アオイ科、原産地は日本・中国、樹高は1・5~3メートル、

2016-10-01フヨウ(2).png

開花期は7~10月、一つ一つの花は1~3日しかもちませんが

次々に新しい花を咲かせ、長く花を楽しむことができます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。