So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

縁起木・・柊(ヒイラギ) [日記、雑感]

花名は葉のトゲに触ると痛いことから、ひりひり痛む意の疼ぐ(ひひらぐ)が語源です。


鬼門除けとして北東の玄関に、侵入防止に役立つ為生垣として用いられます。



)2017-11-23ヒイラギ(1.png



モクセイ科、関東以西の温暖な地域に分布、樹高は1・5~5メートル、



2017-11-23ヒイラギ(2).png



開花期は10~12月、小さな白花を葉の付け根に、かたまって咲かせます。

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

晩秋に咲く花・・石蕗(ツワブキ) [日記、雑感]

名前は葉っぱはフキに似て、厚みのある葉っぱから⇒アツバブキに由来します。

日陰でもよく育ち緑の葉っぱも美しいので、庭園の下草などに植えられています。

)2016-11-24ツワブキ(1.png

キク科、東北南部以南の海岸に分布、草丈は20~100センチ、

)2016-11-24ツワブキ(2.png

開花期は10~12月、長く花茎を伸ばして、菊に似た一重の黄色い花をたくさん咲かせます。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

時を忘れた・・大紫式部(オオムラサキシキブ) [日記、雑感]

名前は実の美しさを紫式部に例え、基本種に比べ実が大きいことから。

生け花材に使用する為、大紫式部の紫色に熟した実を探していたところ

この時期(開花期は6~7月)には、珍しく可愛らしい花が咲いていました。

)2016-11-05オオムラサキシキブ(1.png

クマツヅラ科、房総半島以南の海岸近くの低地林に分布、樹高は1~3メートル、

)2016-11-05オオムラサキシキブ(2.png

主な開花期は6~7月、葉の付け根から集散花序を出し

淡い紅色を帯びた筒状の花をたくさんつけ、花の先は5つに裂けています。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

可愛らしい花・・デージー [日記、雑感]

花名はday’seye(日の目)が語源で、花が朝に開き夜に閉じることから。


和名の雛菊(ヒナギク)は、小さくて可愛らしい菊と形容されたことから。



2017-11-22デージー(1).png



キク科、原産地はヨーロッパ・北アフリカ、草丈は10~20センチ、



)2017-11-22デージー(2.png



開花期は12~5月、花色は白・桃色・赤色などがあり、八重咲きの園芸品種が多く栽培されています。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

海岸に咲く・・若狭浜菊(ワカサハマギク) [日記、雑感]

和名は、福井県を中心とした海岸地帯に自生することから。

竜脳菊(リュウノウギク)の大型変種で、絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。

)2016-11-21ワカサハマギク(1.png

キク科、福井県~鳥取県の海岸地帯に分布、草丈は40~80センチ、

)2016-11-21ワカサハマギク(2.png

開花期は10~12月上旬、舌状花は白色で時が経つと淡い紅色を帯びます。

筒状花は黄色です。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サフラン・・番紅花(バンコウカ) [日記、雑感]

アラビア語で黄色を表す「ザファラーン」が、名前の由来となっています。


漢方の番紅花は、香りの主成分サフナラールが鎮痛・鎮静の効果があることから。


)2016-11-21サフラン(1.png


アヤメ科、原産地は地中海沿岸・西アジア、草丈は10~15センチ、


)2016-11-21サフラン(2.png


開花期は10~12月上旬、松葉のような細長い葉を出し、紫色の花を咲かせます。


花の真中に赤い糸くずのような雌しべがあり、これを乾燥したものが


高価なスパイスとして有名なサフランです。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

美しい野菊・・野路菊(ノジギク) [日記、雑感]

小菊の原種の一つで、植物学者牧野富太郎が発見・命名しました。

日本在来種で、兵庫県以西・四国・九州の瀬戸内海・太平洋沿岸に分布。

)2016-11-21ノジギク(1.png

キク科、沿岸近くの山野などに自生、草丈は30~50センチ、

)2016-11-21ノジギク(2.png

開花期は11~12月、花径3~5センチ程の頭状花序をつけ

白色の舌状花と黄色の筒状花をもちます。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スーパーフード・・チア [日記、雑感]

チアはマヤ語で「強さ」、アステカ語では「油っぽさ」を表します。

チアシードはチアの種で、スーパーフードと言われる程優れた栄養素があります。

)2016-11-05チア(1.png

シソ科、原産地は中南米・メキシコ、草丈は1・8メートル程、

)2016-11-05チア(2.png

開花期は10~11月、種の熟期は12月、茎の先に房状に紫色の花が咲きます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鮮やかな花・・ステルンベルギア [日記、雑感]

花名は、オーストリアの植物学者Stemberg(シュテルンベルグ)の名に因みます。


別名の黄花玉簾(キバナタマスダレ)は、ヒガンバナ科の白い花のタマスダレに似ていることから。



)2017-11-19ステルンベルギア(1.png



ヒガンバナ科、原産地は地中海沿岸・中央アジア、草丈は15~30センチ、



)2017-11-19ステルンベルギア(2.png



開花期は9~2月(品種により異なる)クロッカスに似た鮮やかな黄色の花を咲かせます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

菊渓菊(キクタニギク)・・泡黄金菊(アワコガネギク) [日記、雑感]

泡黄金菊は、小さな黄金色の花が密集して咲く様を泡に例えたもの。

別名の菊渓菊は、京都東山の菊渓の菊の意味から。準絶滅危惧植物。

)2016-11-05キクタニギク(1.png

キク科、岩手県以南の山地の乾燥した崖に生育、草丈は60~90センチ、

)2016-11-05キクタニギク(2.png

開花期は10~11月、花色は黄色で花冠の直径は1・5センチ程で

舌状花は短く多数で、中心の筒状花も多数です。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。