So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

純白の花・・ノースポール [日記、雑感]

学名のクリサンセマムは、ギリシャ語のchrysos(黄金)とanthemon(花)が語源になります。

ノースポールは株全体を覆う程純白の花が咲く姿から、北極のイメージが連想されることから。

)2017-01-12スノーポール(2.png

キク科、原産地は北アフリカ、草丈は20~30センチ、

)2017-01-12ノースポール(1.png

開花期は1~5月、花径3~4センチの白い舌状花を咲かせます。

中心部の管状花は黄色で、ノジギクやマーガレットに似た花姿です。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬の鉢花・・カランコエ [日記、雑感]

属名のカランコエは、中国名「加藍菜」の発音に由来すると言われています。

和名の紅弁慶はカランコエのたくましい性質が、弁慶のようにたくましいという例え。

2017-01-20カランコエ(1).png

ベンケイソウ科、原産地はマダガスカル・東アフリカ、草丈は10~50センチ、

2017-01-20カランコエ(2).png

開花期は10~5月、花茎の先端に花径1センチ程の小花をたくさんつけます。

花色は紅・オレンジ・ピンク・黄・白・紫色などがあり、八重咲きもあります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

黄色い変った花・・オンシジューム [日記、雑感]

名前はギリシャ語のonkidion(小さなこぶ)に因み、花の一部に小さな突起があることから。

英語名の踊る女性のランは、大きな唇弁を持つ花姿がドレスを広げて優雅に踊る女性に例えた。

)2017-01-19オンシジューム(1.png

ラン科、原産地は中南米、草丈は10~70センチ、

)2017-01-19オンシジューム(2.png

開花期は12~1月、黄色い蝶の羽がひっついたような花を咲かせます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬咲きベゴニア・・クリスマス・ベゴニア [日記、雑感]

名前の通り冬に花を咲かせるベゴニアで、クリスマスや正月用の鉢花として用いられます。

株一杯に花を咲かせる姿は、真冬の室内を彩ってくれます。

2017-01-24冬咲きベゴニア(1).png

シュウカイドウ科、原産地は園芸品種、草丈は15~20センチ、

冬咲きベゴニア(2).png

開花期は12~3月、花色は赤・ピンク・白などがあり、花姿は可愛らしいです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ティーツリー・・御柳梅(ギョリュウバイ) [日記、雑感]

和名は葉の姿が御柳に似ており、梅のような花を咲かせることから。

英名のティーツリーはオーストラリアの移住者が、葉をお茶の代用品として用いたことから。

)2017-01-18ギョリュウバイ(1.png

フトモモ科、原産地はオーストラリア・ニュージーランド、樹高は30~400センチ、

201701-18ギョリュウバイ(2).png

開花期は11~5月、花色は白・紅色などがあり、一重咲きや八重咲きがあります。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

美しい花・・ラケナリア [日記、雑感]

属名のラケナリアは、スイスの植物学者ベルナー・ド・ラ・シュナルの名前に因みます。


花が下垂するタイプと上向きに咲くヒアシンスタイプや、冬咲き・春咲きタイプもあります。



2018-01-28ラケナリア(1).png



ユリ科、原産地は南アフリカ、草丈は10~40センチ、



)2018-01-20ラケナリア(2.png



開花期は1~4月、花色は赤・黄色・緑のグラデーションで美しく、筒状の花を咲かせます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・素心蝋梅(ソシンロウバイ) [日記、雑感]

蝋梅は花ビラが蝋のような色で、臘月(旧暦12月)に梅に似た花を咲かせることに由来。

素心蝋梅は本来は複数色になる花色が、単色になった品種のことを指します。

2017-1-06ロウバイ(1).png

ロウバイ科、原産地は園芸品種、樹高は2~4メートル、

2017-1-06ロウバイ(2).png

開花期は12~2月、花色は黄一色で、花ビラが丸っこく芳香が強いのが特長です。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春を告げる花・・日本水仙(ニホンズイセン) [日記、雑感]

日本水仙は日本ではスイセンの代名詞とも言える種です。

地中海原産で⇒シルクロード⇒中国経由で渡来し野生化した種です。

2017-1-06スイセン(1).png

ヒガンバナ科、日本各地の海岸線に群生、草丈は20~40センチ、

)2017-1-06スイセン(2.png

開花期は11~4月、花ビラは白色で副花冠は黄色のカップ型で、小輪で房咲きです。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ユニークな花・・蛇の目エリカ(ジャノメエリカ) [日記、雑感]

属名のエリカはギリシャ語のereike(裂ける)に由来し、胆石を砕く薬効があります。

和名はピンクの小花から覗く黒い葯が、蛇の目に見えることから。

2017-01-19ジャノメエリカ(1).png

ツツジ科、原産地はアフリカ・ヨーロッパ、樹高は50~200センチ、

2017-01-19ジャノメエリカ(3).png

開花期は12~3月、花はピンク色で壺形の小花で、黒い葯が花の中から覗かせます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雑木林に咲く・・寒椿(カンツバキ) [日記、雑感]

寒椿は寒い季節に花を咲かせる椿という意味です。

椿は花が丸ごと落ちますが、寒椿は花ビラが一枚一枚散っていきます。

かんつばき.png

ツバキ科、原産地は日本、枝が横方向に伸びるので背丈は70センチ程度です。

寒椿(2).png

開花期は12~2月、濃い紅色が鮮やかで八重咲きです。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。