So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

幻の花・・奄美聖柴花(アマミセイシカ) [日記、雑感]

花が清楚で美しいことから聖柴花と呼ばれ、その変種で奄美大島固有のものです。

自生地は限られ盗掘のため激減し、幻の花と呼ばれています。・・絶滅危惧Ⅱ類に指定。

)2017-02-26アマミセイシカ(1.png

ツツジ科、奄美大島の中南部山岳地帯に分布、樹高は2~5メートル、

2017-02-26アマミセイシカ(2).png

開花期は3~4月、清らかな薄桃色を帯びた白い花を咲かせます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

道端に咲く・・関東蒲公英(カントウタンポポ) [日記、雑感]

属名のTaraxacumは、アラビア語のtharakhchakon(苦い草)に由来します。

西洋タンポポより大型で、頭花を包む総苞の外片に突起があります。

)2017-02-20カントウタンポポ(1.png

キク科タンポポ属、関東~中部地方の野原や道端に生育、草丈は10~30センチ、

2017-02-20カントウタンポポ(2).png

開花期は3~5月、中空の花茎を出し、黄色い舌状花の頭花をつけます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鮮やかな花・・紫紺野牡丹(シコンノボタン) [日記、雑感]

名前の由来は、紫色の綺麗な花で牡丹のように美しいことから。

日本原産の野牡丹とは雄しべの色が異なり、紫色になります。

)2017-02-19シコンノボタン(1.png

ノボタン科シコンノボタン属、原産地はブラジル、樹高は1~3メートル、

2017-02-19シコンノボタン(2).png

開花期は3~5月、9~12月、濃い紫色の比較的大きな美しい花をつけます。

雄しべの形がクモの足に見えるので、ブラジリアン・スパイダーフラワーとも呼ばれています。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

矢筈豌豆(ヤハズエンドウ)・・烏野豌豆(カラスノエンドウ) [日記、雑感]

標準和名の矢筈豌豆は、小葉の形を矢筈(弓矢の弦を受ける部分)に見立てたものです。

烏野豌豆は野に生えるエンドウで、果実が熟すと真っ黒になることから。

)2017-02-06カラスノエンドウ(1.png

マメ科、本州~沖縄の道端や堤防・荒れ地に生育、つる性、

)2017-02-06カラスノエンドウ(2.png

開花期は2~5月、小さなピンク色の蝶形の花をつけます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早春の花木・・木瓜(ボケ) [日記、雑感]

和名の木瓜は瓜のような実を付ける木⇒木瓜(モケ)が転じてボケと呼ばれるようになった。

中国原産のボケ日本原産のクサボケ、二種を掛け合わせた園芸品種がボケとして親しまれています。

2016-03-25ボケ(1).png

バラ科、原産地は日本・中国、樹高は50~200センチ、

2016-03-25ボケ.png

開花期は3~4月、花色は朱色で、梅に似た丸っこい花を咲かせます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春の七草(仏の座)・・子鬼田平子(コオニタビラコ) [日記、雑感]

名前の田平子は、田に平らに張り付くように這うことから。子鬼は小さいという意味です。

春の七草の一つ「仏の座」は本種で、葉の付き方が仏の円座に似ていることから。

)2017-02-28コオニタビラコ(1.png

キク科ヤブタビラコ属、本種~九州の田の畔や道端に生育、草丈は5~25センチ、

2017-02-28コオニタビラコ(2).png

開花期は3~5月、小さな黄色い頭花で、舌状花は6~9枚で先が5つに裂けます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

湿地に咲く・・行李柳(コリヤナギ) [日記、雑感]

名前は古くから各地で栽培され、枝を利用して柳行李が作られたことから。

猫柳に似た花枝は、生花材料やドライフラワーなどにも利用されます。

2017-02-26コリヤナギ(1).png

ヤナギ科、朝鮮半島から渡来し、川岸・湿地帯に生育、樹高は2~3メートル、

)2017-02-26コリヤナギ(2.png

開花期は3~4月、真直ぐ伸びた枝に、葉に先立って細い円柱状の花穂をつけます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

幸せを呼ぶ花・・蔓日日草(ツルニチニチソウ) [日記、雑感]

蔓日日草はつるとつるが絡み合って、毎日毎日花を咲かせることから。

常緑で冬でも枯れないので不死のシンボルに、身に付けると繁栄と幸福をもたらしてくれます。

)2017-02-06ツルニチソウ(1.png

キョウチクトウ科、原産地は南ヨーロッパ・北アフリカ、つるが長く伸びる。

)2017-02-06ツルニチソウ(2.png

開花期は3~5月、つる状の茎先に、紫色のプロペラ状の5弁花をつけます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

湿地に咲く・・立金花(リュウキンカ) [日記、雑感]

和名は茎が立っていて、金色の花をつけることから。


漢字表記の流金花は流れに沿って群生し、金色に輝く花姿から。



)2017-01-25リュウキンカ(1.png



キンポウゲ科、本州~九州の沼地や湿地に生育、草丈は20~50センチ、



2018-02-22リュウキンカ(2).png



開花期は2~5月、花色は黄色で、花弁のように見えるのは萼片です。


花の真ん中には雄蕊がたくさんあります。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春の七草・・繁縷(ハコベ) [日記、雑感]

繁縷は漢名で、茎に白い筋「縷(る)」があることから。

春の七草の一つで栄養価に富み食用に、炒った粉に塩を混ぜて歯磨き粉に用いた。

2017-02-20ハコベ(1).png

ナデシコ科、田畑や畦道・道端・荒れ地などに分布、草丈は10~20センチ、

)2017-02-20ハコベ(2.png

開花期は2~9月、茎のつけ根に小さな白い5弁花をつけます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。