So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

庭に咲く・・柊南天(ヒイラギナンテン) [日記、雑感]

名前は葉っぱがヒイラギ、実の付き方がナンテンに似ていることから。

属名のマホニアは、アメリカの園芸学者バーナード・マホンの名前に因みます。

)2017-01-29ヒラギナンテン(1.png

メギ科、原産地は中国・台湾、樹高は2~3メートル、

)2017-01-29ヒラギナンテン(2.png

開花期は冬~春、花茎を横から斜め下に伸ばして、小さな黄色い花をたくさん咲かせます。


道端の青い花・・大犬の陰嚢(オオイヌノフグリ) [日記、雑感]

日本には同属のイヌフグリが自生していましたが、それよりも花姿が大きいことから。

路傍や畑の畦道などに生育しますが、近年は生育地が奪われ絶滅危惧Ⅱ類に指定。

2017-02-02オオイヌノフグリ(1).png

オオバコ科、ヨーロッパ原産の帰化植物、草丈は10~20センチ、

2017-02-02オオイヌノフグリ(2).png

開花期は2~5月、花弁は4枚で花色はコバルトブルーです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。