So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
日記、雑感 ブログトップ
前の10件 | -

畑に咲く・・蕎麦(ソバ) [日記、雑感]

穀類の中でも育てやすく、蕎麦の実をひいて粉にし蕎麦・パンなどを作ります。


純白の可憐な花姿とは逆に、強烈な香りを放ちます。


 


2016-09-24ソバノハナ(1).png


 


タデ科、原産地は中国、草丈は60~130センチ、


 


2016-09-24ソバノハナ(2).jpg


 


収穫期は9~11月、茎の先端に総状花序を出し、6ミリほどの白い小花を多数つけます。


草地に咲く・・秋の麒麟草(アキノキリンソウ) [日記、雑感]

名前は秋に咲き、黄色い花の美しさをベンケイソウ科の麒麟草にたとえたものです。


別名の泡立草(アワダチソウ)は、花が泡立つように咲くことから。



2017-09-20アキノキリンソウ(1).png



キク科、日当たりの良い山地の草地や土手などに生育、草丈は20~80センチ、



2017-09-20アキノクリンソウ(2).png



開花期は8~11月、茎先に総状花序を出し、たくさんの黄色い花をつけます。

nice!(1)  コメント(0) 

コットン・・綿(ワタ) [日記、雑感]

属名のゴッシピウムは、綿のラテン語ゴシッピオンが語源といわれています。


花後にできる綿のはじけた姿がユニークで、切り花・ドライフラワーに利用されています。


 


2016-09-04ワタ(1).png


 


アオイ科、原産地は熱帯・亜熱帯、草丈は80~150センチ、


 


2016-09-04ワタ(2).png


 


開花期は7~9月、ハイビスカスに似た花を咲かせます。


花後は紡錘形に膨らんだ果実が出来て、秋にはじけて中から綿をもりもりっと出します。


林縁に咲く・・白花彼岸花(シロバナヒガンバナ) [日記、雑感]

白花彼岸花は、白い花を咲かせるヒガンバナという意味です。


白花彼岸花又は白花曼珠沙華は、黄色のショウキランと赤の彼岸花の雑種といわれています。


 


2016-09-17ヒガンバナ(1).png


 


ヒガンバナ科、原産地は日本・中国、草丈は30~60センチ、


 


2016-09-17ヒガンバナ(2).png


 


開花期は9月、花茎を長く伸ばして、先端に数輪の花を放射状に咲かせます。


花色は白色で細長く縁がよじれて大きく反り返ります。


秋晴れに咲く・・秋桜(コスモス) [日記、雑感]

コスモスはギリシャ語のkosmosに由来し、美しいという意味です。


和名の秋桜は、花が秋に咲き花弁の形が桜に似ていることから。


 


2016-09-16コスモス(1).png


 


キク科、原産地はメキシコ、草丈は40~150センチ、


 


2016-09-16コスモス(2).png


 


開花期は7~11月、花径は6~10センチ、舌状花は8枚で先が3つに裂けます。


花色はピンク・赤・白・黄・オレンジなどがあります。


ポーチュラカ・・ハナスベリヒユ [日記、雑感]

和名のスベリヒユは、茹でた際に出るぬめりに由来します。


別名のポーチュラカは、スベリヒユ属の学名に由来します。


 


2016-09-04ハナスベリヒユ(1).jpg


 


スベリヒユ科、熱帯から温帯に広く分布、草丈は10~20センチ、


 


2016-09-04ハナスベリヒユ(2).png


 


開花期は7~10月、花径は2~3センチで、一日花ですが次々に花を咲かせます。


花色は赤・ピンク・オレンジ・黄・白・複色などがあり、一重咲きが主流です。


ブッドレア・・房藤空木(フサフジウツギ) [日記、雑感]

ブッドレアは、イギリスの牧師で植物学者バドルを記念して名付けられました。


和名の房藤空木は、藤の花を逆さに立てたような花房をつけることから。



2017-09-06フサフジウツギ(1).png



ゴマノハグサ科、原産地は中国、樹高は2~3メートル、



2017-09-06フサフジウツギ(2).png



開花期は7~10月、花色は藤色を基本に白や紫・ピンクなどがあり


枝先に長い円錐状の花穂が形成され、蜂蜜のような甘い香りがあります。

nice!(1)  コメント(0) 

花壇の花・・アンゲロニア [日記、雑感]

花名はラテン語のAngelos(天使)が由来で、アンゲロニア(=天使のような花)と呼ばれるように。


 エンジェルラベンダーの名で流通していますが、ラベンダーの仲間ではありません。


 


2016-09-04アンゲロニア(1).png


 


オオバコ科、原産地は中南アメリカ・西インド諸島、草丈は30~100センチ、


 


2016-09-04アンゲロニア(2).png


 


開花期は6~10月、株元からたくさんの茎を伸ばし、穂状の花を次々と咲かせます。


花色は紫・ピンク・白・ブルー・複色などがあります。


ペンタス・・草山丹花(クササンタンカ) [日記、雑感]

名前はサンタンカ(樹)に花姿が似ていて、草花であることから。


別名のペンタスは、ギリシャ語のペンテ=5に由来し、花型にちなみます。


 


2016-09-04クササンタンカ(1).png


 


アカネ科、原産地は熱帯アフリカ・マダガスカル、草丈は30~60センチ、


 


2016-09-04クササンタンカ(2).png


 


開花期は5~11月、細い筒状の花の先端が、5つつに裂けた星のような形の小花が


半球状にかたまって咲きます。花色は紅・紫・白・ピンクなどがあります。


花壇に咲く・・紫御殿(ムラサキゴテン) [日記、雑感]

名前は葉や茎、咢(ガク)が全て紫色であることから名づけられました。


葉をはじめ茎や咢に至るまで、全身紫色に染まる姿が神秘的です。



)2017-09-15ムラサキゴテン(1.png



ツユクサ科、原産地はメキシコ、草丈は20~50センチ、



2017-09-15ムラサキゴテン(2).png



開花期は7~10月、花径2センチ程の小さなピンク色の花を咲かせます。


花は朝開いて夕方には萎んでしまう一日花です。

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - 日記、雑感 ブログトップ